最新の健康保険法について

健康保険法の概要について

健康保険法というものがあります。
健康保険は病気やケガをしたとき、また出産や死亡をしたときなどの出費に備えてサラリーマンが保険料を出し合って、これに事業主も加わっていざというときに医療サービスや現金での給付を行うようになっています。
これは生活の安定を図るという目的で作られた社会保険制度となっています。
健康保険法は労働者の業務以外の事柄による疾病や負傷や死亡または出産、及びその被扶養者の疾病や負傷や疾病または出産などに関して、保険の給付をおこなって、国民の生活の安定と福祉の向上に寄与すると言うことを目的としています。
被扶養者とは被保険者の配偶者や子供などの扶養家族のことで、これらの人が病気やけがをしても保険の給付が行われるようになっています。