最新の健康保険法について

健康保険法の内容について

健康保険法は大正時代に制定された法律で、日本の医療を支えている極めて重要な法律です。
この法律のおかげで国民は高額の医療費の負担をすることなく、病気の治療を受けることができます。
5人以上の従業員が在籍している会社の場合は、被用者は強制的に健康保険組合に加入することが必要で、従業員は健康保険証を受け取り、健康保険証を使って保険診療を受けることが可能です。
保険診療は本人負担は3割で済むので、格安の医療費で診療を受診することができます。
配偶者や子供も扶養家族として、3割負担で医療機関を受診することができるのでとてもお得です。
ただし、歯科医院が行っているインプラント治療や、美容整形外科の施術などは保険診療の対象にはならず、全額自己負担になります。